Event is FINISHED

石川県地域おこし協力隊合同募集セミナー&就職相談会

Description

石川県の5市町が東京にて地域活性化人材を募集


石川県はどんなところか


 北は日本海に突き出た能登半島、南は白山国立公園を源に発する手取川による肥よくな加賀平野を擁する石川県。県都金沢は日本でも有数の城下町で、歴史の面影を残す一方、近代的な街づくりも進んでいる自然と文化が調和した場所です。

しかしながら人口は、2005(平成17)年の国勢調査で初めて減少に転じ、2010(平成22)年の国勢調査では116万9,788人、2040年には約97万4千人となると推計されています。
30年間で約20万人もの人口減少が予測されており、このままでは石川県の美しい景観や魅力が損なわれてしまう恐れがあります。

地域の課題解決に取り組むために


石川県の未来を守り続けていくには、「雇用の拡大」「移住者の増加」に繋がる地域の活性化に、県内の各市町が対策を講じることが望まれます。

今回のイベントでは石川県羽咋市、輪島市、志賀町、金沢市、能美市の5市町が東京にてそれぞれの魅力をアピールするとともに、本質的な課題の解決に取り組める地域活性化人材を募集します。
各市町の美しい景観を守りながらも、まだ知られていない魅力を作り発信する、今ある地域資源を最大限活用し新たなビジネスを創造する、市町の総合戦略に則った特産品のブランディングとPR活動を行う等、幅広く考え自走し、地域の人々に溶け込んで地域活動を率先していけるような方に来ていただけたらと思っています。


羽咋市は自然栽培農業の普及、ジビエの産業化に係る活動を推進することのできる人材を募集


羽咋市は能登半島の西の付根に位置し、七尾市に向かって延びる邑知潟地溝帯(おうちがたちこうたい)に沿って市域が広がります。西は日本海に面し、千里浜と呼ばれる砂浜が南北に連なり、砂浜を車でドライブすることのできる「千里浜なぎさドライブウェイ」が有名です。

近年、羽咋市ではより自然な形で食物を育てていきたい、有機栽培とは異なる自然の恵を届けていきたい、そんな想いから自然栽培農業を実践し、その普及に力を入れています。またそれは農業だけではありません。近年その数が急激に増え、人里でも見かけることの多くなったイノシシ。イノシシを活用したジビエ料理を産業として広めれば、その被害を減らすこともでき、食物連鎖のバランスを取ることもできるはずであると考え、この活動の推進にも力を入れています。

私たちと「自然」をキーワードにした取り組みを推進していきたい方、是非お待ちしています。

【募集要項】

・募集人数:4名
・募集対象:概ね24歳以上40歳未満の方
※研修(1ヶ月程度)に参加できることが条件です。

ジビエ料理を普及していくために、狩猟も積極的に行っています。


輪島市は世界農業遺産「能登の里山里海」を活かすことのできる地域プロデューサーを募集


輪島市は能登半島北部の奥能登の中核に位置し、輪島塗や朝市ならびに御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)で全国的に有名な場所です。また世界農業遺産にも認定される、「能登の里山里海」という地域資源を有しており、豊かな自然が形成・維持されてきた地域です。

今回、そんな素晴らしい地域資源をもっと多くの人に知ってもらうために、私たちと一緒に豊かな「食」や多くの「観光」資源を活かしたプロデュースを行ってくれる方を募集します。まだまだ知られざる魅力の多い能登半島で一緒にムーヴメントを創出しませんか。


【募集要項】

・募集人数:若干名

・募集対象:概ね20歳以上45歳以下の方

お祭りでは多くの人が参加し賑わいを見せています。


志賀町は空き家の利活用や若者向け地域活性化プログラムの立案支援を行う人材を募集


日本海に面し、風光明媚な海岸線などの自然やキノコ祭り、ゴルフ場、別荘地など多様な観光資源を有する志賀町。

しかしながら「半島地域」という条件不利地域であり、人口減少や高齢化等の問題が進行しており、その結果、空き家の利活用、整備が求められています。この問題を解決するためには、空き家の利活用プランを立案し、地域外の人材を積極的に誘致し、その定住・定着と地域の活性化を図る必要があります。

今回募集する地域おこし協力隊員には、空き家の実態調査から、現状どのような企画が立案可能か検討いただいた上で、大都市圏に向けた情報発信を行っていただきます。また同時に、若者に来てもらえるようなプログラムも企画実施していただくことで、将来的な移住に繋げていただきます。町が求める役割に対し、積極的に取り組む意欲のある方、是非お待ちしています。


【募集要項】

・募集人数:1名

・募集対象:概ね20歳以上50歳以下の方

町にある空き家(古民家)は風情や趣きに溢れた家屋が多いのが特徴です。


金沢市三谷地区で農業支援や地域活性化に 従事するプロデューサーを募集


金沢市三谷地区は北陸新幹線で沸く金沢においても、少子高齢化、人口減少が特に問題となっているエリアです。

今回、この三谷地区で農業等の一次産業を通じて地域の活性化に従事できる方を募集します。将来的に農業を行っていきたいと考えている方には、本活動を継続的に行っていただき、さらにそのサポートも実施したいと考えていますので、是非ご検討いただければと思っています。


【募集要項】

・募集人数:1~2名

・募集対象:概ね20歳以上40歳未満の方

三谷地区では子どもから大人まで一体となって農業に力を入れた取り組みを行っています。


能美市は買い物支援や高齢者の生活支援を行っている認定NPO法人えんがわの運営スタッフを募集


能美市は18歳まで子供の医療費が無料だったり、図書館の貸出数が全国1位となったり(人口5万人以下の市で)、行政サービスは全国トップクラス、東洋経済の発表する「住みよさランキング2015」では全国第3位にランクインするほど住みやすい町として認知されています。

その影響もあり市全体の人口は増えていますが、その一方で中山間地域は人口が減り、高齢化も進み、地域間格差が広がっているという問題が発生しています。将来的な人口減の流れは簡単に避けることはできませんが、そんな中でも「人口が減っても大丈夫な持続可能なまち」のために、少しでも住みよい町を目指し、認定NPO法人えんがわを中心とした高齢者への買い物支援や生活支援を行っています。

今回、えんがわの運営スタッフを広く募集してさらに住みよく持続可能なまちを目指したいと思っています。私たちと新たなまちづくりにチャレンジしてみたい方、是非お待ちしています。


【募集要項】

・募集人数:1名

・募集対象:年齢性別不問

えんがわでは多くの若者と高齢者が助け合い、「持続可能な町」づくりを行っています。


実際に活動している隊員のトークセッションも実施


 環境が豊かでやりがいの仕事も多い石川県。しかし、現在石川県に居住していない方にとっては移住を決断することは容易ではありません。仕事に対する魅力とともに、石川県に移り住むとどのようなライフスタイルで日々を送れるのか、先に移住した方はどのような経験しているのか等の情報は気になるところです。

当日は石川県の魅力ややりがいのある仕事内容のご紹介だけでなく、実際に活動している隊員がどんな仕事をして、どんな生活を送っているのかを知ることのできるトークセッションも行います。

東京で培ったキャリアを石川県で試してみたい、新たなビジネスを通じたチャレンジを望んでいるという方は是非足を運んでみてください。


★ゲストスピーカー

・山本 亮 さん (東京都出身 輪島市隊員OB)

大学のゼミで輪島市三井地区を訪問し、里山の風景に惚れ込み、数年後地域おこし協力隊として移住。複数のスモールビジネスを掛け合わせた取り組みを行うなど、地元マスコミにもたびたび取り上げられ、2月に「みんなの夢AWARD7」で周辺地域を一つのホテルに見立てた「里山まるごとホテル構想」により約500人の中から7人のファイナリストに選出される。過去最多の協賛企業数を獲得し、現在は夢の実現に向けて活動中。昨年10月に結婚し、奥様も東京から移住する。


・加藤 晋司 さん (京都府出身 羽咋市ジビエ担当3年目)

他の地域に出て自分がどこまでやれるのかを試してみたいと思ったこと、人口減少に対してできることがあればと思ったことから、羽咋市の地域おこし協力隊に応募。現在は、イノシシ被害に苦しむ畑や田んぼを少しでも減らすため、イノシシの駆除を行い、利用・加工し、羽咋市の名産品化を目指し、日々活動している。


【こんな方におすすめ】

・石川県に縁があり、今まで東京で培ったキャリアや経験を活かしてみたい方

・「地域活性化」に興味があり将来的な起業やキャリア形成を考えている方

・現在移住先を探しており、様々な土地の移住環境や仕事情報を探している、また相談してみたい


【参加して得られること】

・石川県羽咋市、輪島市、志賀町、金沢市、能美市がこれからチャレンジしようとしていることや、募集している人材について知ることができます。

・石川県の魅力や特色、石川で住むということ、働くということを聞けます。

・普段なかなか目にすることができないチャレンジ性の高い求人と出会い、働けるチャンスがあります。


セミナー概要

【開催概要】

・セミナー名:石川県地域おこし協力隊合同募集セミナー&就職相談会

・日時:平成29年4月23日(日)12:00~14:30(受付開始11:30)

・場所:認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター

(東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8F)

(地図)http://www.furusatokaiki.net/about/location_tokyo/#access


【当日のプログラム】

11:30~ 受付開始

12:00~ 県の概要、県内の状況説明

12:10~ 地域おこし協力隊員トークセッション

12:40~ 各市町による募集求人の説明

13:30~ 個別相談

14:30~ セミナー終了


【参加費】

無料


【お申し込み期限】

2017年4月23日(日)9:00


【主催・共催】

石川県/いしかわ「第二のふるさと」推進実行委員会


【個人情報の取扱について】

1.本イベントにおいて当社が取得した参加者の連絡先、その他の個人情報は、当社の定めるプライバシーポリシー(https://jp.stanby.com/about/privacy)に基づき管理するものとします。

2.参加者は、当社が定めるプライバシーポリシーに従って、本イベント登録時に入力された情報を当社が取得、使用および開示することに同意するものとします。

3.参加者の個人情報は、次の利用目的のために取得するものとします。

(1)本イベントの運営管理

(2)本イベントに関する連絡

(3)イベントその他のお知らせの配信

4.本イベント参加にあたり当社が取得した個人情報は、いしかわ「第二のふるさと」推進実行委員会にも提供いたします。いしかわ「第二のふるさと」推進実行委員会の個人情報の管理については以下のURLをご確認ください。https://ishikawa-note.jp/privacy/

5.いしかわ「第二のふるさと」推進実行委員会は参加者の個人情報を次の目的で利用します。

(1)本イベントの運営管理

(2)本イベントに関する連絡

(3)イベントその他のお知らせの配信

Sun Apr 23, 2017
12:00 PM - 2:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター
Tickets
参加無料 FULL
Venue Address
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8F Japan
Organizer
株式会社ビズリーチ地方創生支援室
1,740 Followers